エヌビーサービス不動産事業部は、アドバンスホームとして新たに生まれ変わりました。北本・鴻巣の不動産・空き家管理はお任せください。

空家の管理義務

  • HOME »
  • 空家の管理義務

空家の管理は所有者の義務

空き家は住民がいなくても所有者が居る場合、適切な管理をしなければなりません。

空き家の倒壊によって損害・被害が出た場合はその所有者が賠償責任を負う可能性が高く、特定空き家に指定されてしまった場合は固定資産税の軽減を受けれなくなってしまいます。

(6分の1の軽減がなくなるのでこれまでの6倍を支払う事になります。)

空き家が社会問題化されてから、国の空き家対策として空き家対策特別措置法が制定され、2015年5月から施行されました。

これにより、「特定空き家」に指定された場合は「行政代執行」が行われ、強制的に空き家が解体される事となり、その費用は空き家の所有者の負担となります。

特定空き家に指定されないためには

まずは景観の管理や、倒壊の危険を無くす必要があります。しかし、空き家問題の多くは「どうやって解体すればいいのか」「他に活用の仕方がわからない」など、そもそも管理のやり方に対して方法がわからない場合が多いのです。

アドバンスホームでは空き家の管理から解体、活用、または売却まで不動産屋のノウハウをお客様にご提供いたします。まずはご相談くださいませ。

mail5_mini

CM絶賛放映中!


北本市役所内「コミュニティビジョン北本」にて放映中!

関連企業サイト

side05
side04
PAGETOP